よさよさ…

comlinn.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 27日

本のご紹介

なにやらくたびれてしまった本ですが私にとっては宝物
b0151201_21114282.jpg






カラー 沖縄 南西の島々  石野朝李 編  山と渓谷社

裏面(下)は当時の与那国島 私は90年代に初めて渡ったが茅葺きの屋根など想像もつかない
b0151201_21122884.jpg


所有している本は第5版 それでも昭和50年のもの
初版は昭和45年ですからこれらはおよそ40年前の写真という事になります
当時の那覇 国際通り(下) でもよく見ると車は右側通行です
b0151201_21134523.jpg


近頃、船の出港で紙テープなどほとんど見たことないな…
熱い時代を感じずにはいられない
b0151201_21141449.jpg


この本を持って実際に屋慶名の展望(下)を見に行った事があります
少しばかし姿は変わってましたが本質の部分はなにも変わってないのだなぁと実感させられた
未だ忘れることの出来ない沖縄の景色でした
b0151201_2115344.jpg


宮古諸島の来間島(下) 

この本ではいろいろ海は出てきますが、どちらかというと、生活における豊かな恵の海を表そうとした編集でした

写真の次のページをめくると解説が書いてあります

写真もさることながら文章も当時の沖縄の歴史、暮らし、問題、民話、民謡、伝説、伝統、など、沖縄を知る上で分りやすくそれでいて読み応えのあるものになっています
とにかく見ても読んでも不思議と古さを感じず新鮮に思えてしまう事も… 素晴らしい仕事の本だと思います
b0151201_2116813.jpg


大変見ずらい画像ばかりになってしまいましたが引用させてもらったうえでのあくまで本の紹介です

私がこの本を手に入れたのは10年以上も前の沖縄の古本屋でしたが、販売されてた当時は全国どこでも売られていたはずです


沖縄に興味のある方はどこかで見かける事があったら読んでみるのも面白いかと
[PR]

by comlinn | 2009-05-27 01:05 | 独り言


<< アーモンド育ってました      やっと到着した北竜湖 >>